株式会社として会社設立する際の流れは?

株式会社という形態で会社設立する際の流れとしては、まず会社概要を決定することからスタートします。
決定する項目としては、会社の名前となる商号、会社が何をするのかという事業目的、本社を構える住所の本店所在地などがあります。
また資本金の額とその額を誰がいくら出資するかの出資者、事業年度なども決定する項目となります。

こうした会社概要を決定した後は、次の流れとして会社の実印を作成しますが、その時に銀行印や角印などをセットで作成するのがおすすめです。
その理由は、セットでつくることで割引価格となることが多いからです。
次に発起人全員の印鑑証明書が必要になるので、全員の印鑑証明書を取得します。
ちなみに発起人とは、株式会社設立の企画者のことで、設立時における株主でなければならないですし、定款に記名と押印を行います。
最初に決定した会社概要に基づいて、会社の法律となる定款を作成して、公証役場において公証人による認証を受けます。
電子定款として作成すると認証印紙代の40000円が節約できますが、そのためには専用の機器やソフトが必要になって、それを揃えるとなれば4万円程度かかります。

次に発起人の代表者となる人の銀行預金口座に、それぞれの発起人(株主)の名前で資本金を振り込みます。
その出資金の払込された預金通帳のコピーが、登記する際の資本金の払い込み証明書となります。
株式会社の設立の流れで最後になるのが、会社設立の登記申請に必要な書類を作成して法務局へ提出します。
ちなみに、この法務局へ書類を提出した日が会社の設立日になるので、設立日に拘る方はこの点を知っておくと良いです。

これは会社設立する際のステップで、必ずこの流れでする必要はなく一緒に進めることができるステップもあります。
また会社設立の流れをある程度理解していれば、自分一人で行うことも不可能ではありません。
ただスムーズな流れで会社設立を行うためには、専門家に依頼することも検討してみるのもひとつり選択肢です。