会社設立を司法書士に代行依頼した時の流れは?

会社設立は、流れに沿って書類を作成したり手続きをしたりすれば一人でもできますが、書類作成は複雑ですし面倒な手続きが多いです。
このように会社設立はそう簡単には行かないので、会社設立のプロセスを熟知している司法書士に代行を依頼するのも選択肢としてあります。
全てを自分一人で行うよりもスムーズに会社設立が進むので、司法書士への依頼はおすすめです。
そこで、会社設立の代行を司法書士に依頼した場合に、どのような流れで登記が完了するのかを知っておくと参考として役立ちます。

依頼する司法書士事務所によって多少違う点もありますが、依頼する際にはまず設立する会社の基本情報を伝える必要があります。
具体的には、商号・本社所在地・事業の目的など、手続きに必要となる書類に記載する情報です。
情報を提出したら司法書士は、その情報を参考にしながら書類作成をしてくれるので、完了するまで待つことになります。

書類作成が終わったという連絡が来たら、会社の印鑑と登記費用を持って事務所に行って、完成した書類を確認しながら押印をして登記費用を司法書士に預けます。
会社の基本ルールを定めた定款は、株式会社なら公証人役場で認証を受ける必要があって、その申請も行ってくれます。

登記費用を預けるのと同じタイミングで資本金の振込みを行うこともあって、その際口座の名義や通帳に印字される払込人の名前などで迷うこともあるので、常に相談しながら手続きすると良いです。
これらすべての準備ができたら、司法書士が法務局に出向いて会社設立登記申請をしてくれます。

ここまでの流れを踏むことで設立登記が完了しますが、申請した法務局で違いはありますが、登記申請から1週間〜2週間後に登記完了となります。
会社設立登記が完了したら、登記簿謄本や会社の印鑑証明書を取得できるようになって、会社設立できたことになるのです。
ちなみに、司法書士が会社設立の登記申請を行った日が会社設立日になって、事業を始めた日が創業日になります。