会社設立で加入が義務づけられている社会保険加入の流れ

会社設立する流れとしては、資金の準備・開業準備・定款の認証・設立登記などやるべきことが数多くあります。
また、会社設立後に社会保険へ加入することもやるべきことの一つで、会社設立した場合には法律で社会保険に加入することが義務づけられているのです。
役員や従業員の人数には関係ありませんし、社長一人の会社でも一定以上の報酬があれば加入しなければなりません。
ですから、会社設立の流れとして社会保険への加入も加えておくことも必要です。
ちなみに、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の総称を社会保険と言います。

新規に社会保険に加入するための手続きの流れですが、まずは手続きに必要となる加入書類の記入や添付資料の準備をします。
手続きに必要となる加入書類というのは健康保険・厚生年金保険新規適用届で、1枚目は事業所業態分類票で2枚目は事業所の地図などです。
必要添付書類は、法人登記簿謄本の原本(コピー不可)で、直近の状態を確認するので提出日から遡って90日以内に発行されたものとなります。
また事業所の所在地が登記上の所在地と異なる場合には、賃貸借契約書の写しや公共料金の領収書など、事業所所在地が確認できる書類が必要になります。
これらの書類を準備して加入義務の事実発生から5日以内に、事業所の所在地を管轄する年金事務所に、電子申請・郵送または窓口持参という形で提出します。

それから社会保険に加入する方全員分の健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届を提出することも必要になります。
その際、被保険者になる方の基礎年金番号が必要になるので、従業員の方から年金手帳のコピーか基礎年金番号を聞いておく必要があります。
基本的に添付書類の必要はないのですが、場合によっては添付書類が必要になるケースもあるので、どのような時に必要になるのかを確認しておくと良いです。
それから被保険者に扶養者がいる場合や扶養者に異動があった場合には、健康保険被扶養者(異動)届を提出することになるので、これも併せて知っておくと役立ちます。