会社設立する際の流れと期間はどうなのか?

会社設立する際にどのような流れで、どの程度の期間が必要になるのかは気になる点のひとつです。
その理由は、会社設立の流れと期間をある程度理解していないと、会社設立スケジュールを組むことができませんしスムーズに進められません。
結論から言うと、効率的に書類作成などが進めることができた場合なら、会社設立までの期間は約2〜3週間程度と考えられます。

具体的な会社設立の流れと期間の中で、最もポイントになるのが定款作成と定款認証を受けるまでの期間です。
会社の憲法ともいえる定款ですから、いくら早く会社設立をしたいからと言って、じっくり考えることなく内容を決めてしまっては後悔してしまいます。
また、一般的な雛形を基本的にそのまま利用することで時間を短縮することもできますが、多少時間はかかっても良く考えて検討することが大事です。
そうすることで、定款認証において補正が必要になったり、予定通りに進まなかったりすることを回避できて、結果的にはスムーズな流れにつながるのです。
ちなみに専門家に代行を依頼することで、流れや期間を気にすることなくスムーズに会社設立をするのもひとつの選択肢としてあります。

次に資本金の払い込みをして預金通帳のコピーを作成するのですが、資本金の払い込みがはっきり分かるように新口座を開設する必要があります。
簡単に口座開設できると考えている方も多いでしょうが、実はこの口座開設が困難になることもありますし、場合によっては口座開設を断られることもあります。
ですから、余裕を見て口座開設と入金をして証明書を発行してもらうまでの期間として、2〜3日程度を考えておくと良いです。

最後は管轄の法務局に会社設立登記申請手続きをするのですが、提出する書類に不備がなく資本金の払い込みが完了していれば即日可能です。
そして、その登記申請をした日が会社設立の日になるので、会社設立までの期間が約2〜3週間程度かかることを考慮してスケジュールを立てると良いです。