一人で会社設立する際の流れは?

株式会社でも合同会社でも、一人で会社設立することは可能です。
一人で会社設立をするのなら、まず株式会社や合同会社など様々な会社形態があるので、どの会社形態で設立するのかを決める必要があります。
それは設立する会社形態によって事前準備の内容や必要となる書類、設立の流れなどに違いが発生するからです。
そこで、一般的に多い株式会社と合同会社として会社設立する際の流れと必要書類を知っておくと参考として役立ちます。

株式会社を設立する際の大まかな流れと必要な書類ですが、まずは事前準備として会社名・資本金額・本社の所在地・決算月・取締役などを決めておきます。
また代表印など作成も必要で、こうした事前準備をしておくと一人でもスムーズな流れで株式会社設立が可能になります。
次に会社の規則を記載したマニュアルともいえる定款の作成と認証をすることになります。

自身で作成・認証は可能ですが、定款の作成は複雑のため、一般的に行政書士や司法書士などの専門家に依頼するケースが多いです。
それから会社設立登記に必要となる書類の作成があって、書類自体はダウンロードで取得できるので簡単に入手できますが、間違ってしまうと設立時期が遅れてしまうことも考えられるので注意が必要です。
これらがすべて完了したら最後に管轄の法務局に登記申請をおこなえば会社設立の流れは完了です。

合同会社設立の流れと必要書類ですが、会社設立の流れは株式会社と同じですが、必要書類は株式会社よりも少なくなります。
その為、株式会社よりも一人でも手軽であるという点から、最近は合同会社を設立する方も増えています。

このように会社設立は一人でおこなうことが可能ですが、これから会社を立ち上げ運営して行くことを考える経営者は、やはり忙しいのが現状です。
ですから、初めての会社設立なら一人でするのではなくて、専門家へ依頼することも選択肢として検討するのもおすすめです。
そうすれば会社設立の負担が軽減できますし、時間を有意義に活用することもできます。